〝フォーチュンカウンセラー〟とは、何か?

 

  皆様、こんにちは!

 フォーチュンカウンセラーの、山之内まおです。

 

 ここでは、『心理カウンセラー』『占い師』『霊能者』『スピリチュアルカウンセラー』『フォーチュンカウンセラー』について、説明させて頂きます。

 それぞれの特性と傾向、誤解や注意点など、是非とも皆様に知って頂きたいと、私が思っている事を書き連ねて行きますので、お付き合い頂けると幸いです。

 

 

 

【その①…心理カウンセラーって、どんな人?】


「心の病気を治して、問題を解決する人は、『精神科医』。
来談者様の心を成長させる事で、問題を解決する人は、『こころ医者』である」

 とある医学博士は、そう仰っているそうです。

 

 『心理カウンセラー』は、まさにこの『こころ医者』に当てはまります。
 とは言え、正式なお医者様では無いので、お薬を処方したり、病名を診断するという事は出来ません。

 『心理カウンセリング』には、来談者様のこころをケアする為の、様々な種類の技術が存在します。

 

・来談者中心療法

・フォーカシング療法

・認知行動療法

・色彩療法

 

などの心理療法も、その一部です。

 

 心理カウンセリングとは基本的に、『来談者様の、自分自身の心に対する〝気付き〟を促す事によって、問題を解決させるための力に繋げて行けるように、お手伝いをする』というものだと、私は考えています。


 現代の心理療法の中で基礎となっている、〝来談者中心療法〟を例に挙げて、お話ししてみます。

「もう、コップに3分の1しか、水が入っていない」

と、嘆いていらっしゃる来談者様に、

「まだ、コップに3分の1も、水が入っているのですね」

と、カウンセラーが答えたとします。

 

 失った水を嘆く事だけに囚われてしまっている来談者様に対し、カウンセラーは会話の中で、コップの中に残されている水に目を向けられるように、導いているのです。

 これによって来談者様は、自分が「失ったものに囚われ、残されたものに目を向けられなくなっていた」事に気付き、「今後は、残っている水を大切にする事を考えよう」と、ポジティブな考え方が出来るようになっていきます。

 これは、「心が成長して、問題が解決していく」という事なのです。
 心理カウンセラーは、その過程をお手伝いするサポーターです。
 「問題を解決する為には、こうしなさい」という指示や教示は、殆ど行う事は無く、あくまでも会話の中で、来談者様が問題の原因に自ら気付けるような、自然な流れを生み出す技術を用います。

 

 

【その②…占い師って、どんな人?】

 

 占い(や、占いと同列に考えられているもの)は、大きく分けて3種類に分類されます。

①命術(四柱推命・九星気学・紫微斗数など)
②卜術(タロット・易・ルーンなど)
③相術(手相・姓名判断・家相など)

 命術は、生年月日や生誕時間によって、占断をします。
 卜術は、出目の偶然性によって、占断をします。
 相術は、見た目の状態や形などによって、占断をします。

 それぞれの占いに、得意分野・不得意分野などもあります。

 

 例えばタロット占いは、具体的な問題に対する解決方法を導き出すのには最適ですが、長期的な運勢や、細かな日時などを鑑定するのには、あまり適しているとは言えません。

 それに対して気学は、長期的な運勢や、細かな日時を鑑定するのに最適ですが、具体的な問題に対するアドバイスには、あまり向いているとは言えません。


 また、占いというと一般的に、神憑り的なものというイメージが大きいと思うのですが、解釈学・環境学・帝王学・統計学など、学術的なものを基礎としているものも、非常に多いです。

 とは言え、学術的な要素だけでは無く、〝古くからの言い伝え〟〝迷信〟〝神や自然を畏れ敬う気持ち〟などが、大なり小なり含まれている占いが多いのも、確かです。

 しかし、占いの手段や、基礎となるものが違えど、
「相談者様の状態が、より良い方向に向かうように、必要な事柄を打ち出して、指示や教示をする」
というのは、どの占いにも共通して言える目的だと思います。

 『占い師』とは、『学術や神秘的な力を用いて、相談者様の未来をより良い方向へと導く為に、アドバイスを行う人』の事だと、私は考えています。

 相談者様が問題を解決して行こうとする過程を、占いを用いてお手伝いする存在。それが『占い師』なのです。

 

 世の中の一般的な認識として、『占い師=霊感が高い』というイメージが強い傾向にあるように思います。

 しかしこれは大いなる誤解であり、基本的に霊感と占いは、全く関係の無いものです。

 例えば、命術のひとつである〝九星気学〟に必要なものは、霊感では無く〝暦〟なのです。

 

 しかし、霊感があった方が、より的中率の上がる占いも確かにあり、それは卜術に多いと言えます。

 私が主に扱う占いである〝タロット〟は、その代表格のひとつです。

 霊感を占いに反映させる手法を用いる〝霊感占い師〟は、霊感をフル活用できるような占術を好む傾向にあり、私もそんな霊感占い師の中のひとりです。

 

 

【その③…スピリチュアルカウンセラーって、どんな人?】

 

 スピリチュアルカウンセラーの定義は、はっきり決まっているものではないので、私個人からの見解で書かせて頂きます。

 

 スピリチュアルカウンセラーが、一般的によく行う施術は、

 

・カウンセリングによるメンタルケア

・霊的能力を用いて、心霊問題の原因を探る

・霊的な問題に対して、対処法をアドバイスする

・スピリチュアル的な存在とアクセス(チャネリング)して、相談者様にメッセージを伝える

 

などです。

 

 スピリチュアルカウンセラーは、心理学方面からだけで無く、スピリチュアル方面からの視点も含めて、相談者様とお話しをします。

 カウンセラーと銘打つだけあって、こころのケアを最重要視する傾向にありますが、心理カウンセラーと比べて、問題に対して具体的なアドバイスをする事が多いように思います。

 

 また、スピリチュアルカウンセラーは、除霊・浄霊などの〝能動的措置〟は、あまり行わない場合が多いです。

 

 

【その④…霊能者って、どんな人?】

 

 霊能者の定義についても、具体的に決まっているものではありませんので、こちらも私個人からの見解で、書かせて頂きます。

 

 スピリチュアルカウンセラーと霊能者は、混同されがちですが、実は大きな隔たりがあります。

 霊能者の最大の特徴は、

 

・自分から意図的に、霊的なものやスピリチュアル的な存在に、関与する能力がある。

・霊を清めたり(浄霊)、強制的に排除する(除霊)などの能力がある。

 

 こうした、『能動的能力』を持っているという点です。

 スピリチュアルカウンセラーとは異なり、カウンセリングや心のケアよりも、霊的・スピリチュアル的な問題に対する、具体的な措置を求められる傾向にあります。

 

 スピリチュアルカウンセラーと霊能者は、昔は同一視されていましたが、現在では求められる役割や、セッション内容が異なる傾向があります。

 どちらの方が能力的に優れているのかを、推し量ることは出来ませんが、霊能者はスピリチュアルカウンセラーと比べて、相談者さんの〝霊的問題〟に対して、深く踏み込まなければなりません。

 霊的な問題の中には、凶悪で恐ろしいものもあり、強い危険を伴います。

 その分、霊能者の責任は甚大であり、正に命懸けの仕事と言えます。

 

 〝霊感〟は、人間誰しも大なり小なりもっているものですが、〝霊能力〟は、ごくごく限られた人しか持つ事が出来ません。

  この世には、霊能者と名乗る方が無数にいらっしゃいますが、実際に霊能者として成り立つ人は非常に稀です。

 

 私は、数少ない『信頼できる心霊相談窓口』のひとつとして、皆様のお役に立てるよう、誠心誠意努力し続けて参ります。

 

 

【その⑤…フォーチュンカウンセラーって、何?】

 

 〝占い師〟の事を、英語で〝フォーチュンテラー(幸運を告げる者)〟と言います。

 

「占い師としてだけで無く、心のケアを重視する占い師として、皆様のお悩みに寄り添いたい」

「占いに限らず、ヒーラーとして・スピリチュアルカウンセラーとして・霊能者として…つまりは〝スピリチュアルのトータルサポーター〟として、相談者様を幸運に導けるような存在で在りたい」

 

 私はその想いから、自ら『フォーチュンカウンセラー』と名乗るようになりました。

 

 スピリチュアル・こころ・身体。

 この3つは、密接に繋がっており、強く影響し合っています。

 私は、相談者様をケアする為には、この3つのバランスを整える事であると考えています。

 どれか1つでもバランスが崩れてしまうと、何らかの負担を感じたり、調子を崩してしまうのが、人間というものです。

 

 こころが疲れている方には、心理的なセラピーを。

 身体が疲れている方には、ヒーリングによるリフレッシュを。

 問題に対して具体的なアドバイスを求める方には、占いによる教示を。

 故人や守護霊様との会話を行いたい方は、スピリチュアルカウンセリングを。

 心霊問題にお悩みの方には、対処法の教示や、浄霊・除霊を。

 

 このように、相談者様のご事情に応じて、多方面からの技術を用いて、より強力にサポート致します。

 そのサポートとは、表現するならば『相談者様が、より素敵な未来と幸運を掴むための応援』です。

 

 相談者様が、より良き未来を切り開いていく力を得るためのお手伝いを、少しでも出来れば・・・と、私は切に願っております。